ノンシリコンの特徴

現在、人気となっているノンシリコンシャンプーですが、具体的にどういった効果があり、またどういった問題があるのでしょう。まず、ノンシリコンシャンプーの最大のメリットとして、カラーリングやパーマに適しているということが挙げられます。シリコンは髪をコーティングする作用があるので、カラーリングやパーマの効果が得られにくく、またシリコン自体の重さのためパーマが落ちやすくなってしまいます。そういう点でノンシリコンは薬剤がしっかりと浸透し、パーマの持ちもいいのです。

シリコンは髪が重くなってしまいますので、全体的な雰囲気も重い感じになってしまいます。しかし、ノンシリコンシャンプーの場合、髪が軽くなり、思いのままのヘアスタイルを実現できるのです。また、シリコンは頭皮のトラブルの原因ともなりますから、ノンシリコンは頭皮にとってもいいものなのです。

ただ、ノンシリコンシャンプーは髪がきしんだり、指の通りが悪くなってしまうことがあります。コーティングがなされていない状態ですので、こういった感じになってしまうのです。そのため、カラーリングやパーマによって髪のダメージが進行する恐れもあります。他にも熱に弱いなどといった面もありますので、最終的には自分の髪質やヘアスタイルに合ったシャンプーを選ぶことが重要と言えるでしょう。

シリコンとノンシリコン

近年、注目を集めているのがノンシリコンシャンプーです。名前から想像すると、シリコンを使っていないシャンプーということになります。では、そもそもそのシリコンとはどういったものなのでしょう。

シリコンは酸素とケイ素、そして有機基でできた化合物です。耐久性、対候性に優れ、柔軟性があり通気性も高いという特長があります。また安全性も高いため、食品や医療分野にも使われているものなのです。このシリコンはシャンプーやコンディショナーにも使われていて、キューティクルに付着して、髪をコーティングし、髪全体に艶を出す効果があります。このシリコンを配合していないシャンプー、それがノンシリコンシャンプーなのです。

ノンシリコンシャンプーは、髪をコーティングしないため洗い上がりがさっぱりした感じになります。昔と比べ、女性の髪形や髪の色は軽やかな雰囲気のあるものが好まれるようになりました。そういったヘアスタイルの流れから、ノンシリコンのほうが今の髪型にしっくりくるというわけです。シリコンシャンプーの場合、カラーリングも色が入りにくくなったり、パーマが落ちやすくなったりしますので、気になる人はこのノンシリコンシャンプーのほうがいいでしょう。

シャンプーの種類

わたしたちは、毎日のようにお風呂へ入り、そして毎日のように髪を洗っています。このときシャンプーを使いますが、特に女性はシャンプーに気を遣うようです。スーパーやドラッグストアーにいけば、シャンプーのコーナーには様々なものが並べられています。では、このシャンプー、それぞれどういった違いがあり特徴があるのでしょう。

まずは、石鹸系のシャンプーです。このシャンプーはアルカリ性を示すもので、洗浄力の高さが特徴です。そのため、洗い上がりにゴワつきやきしみが感じられることがあります。また、敏感肌の体質の人には刺激となる場合もあります。次に、高級アルコール系ですが、市販されているものの多くがこの部類に入ります。このシャンプーの特徴としては、高い洗浄力のほかに、泡立ちのよさがあります。ただ、やや刺激が強いためこちらも敏感肌の人には不向きとも言えます。

また、アミノ酸系のシャンプーというものもあります。これは、低刺激のシャンプーで敏感肌の人を中心に人気のあるものです。ダメージヘアにも優しい洗い上がりとなりますが、洗浄力が少し弱いため、ヘアスタイリング剤を使った髪の場合は洗浄が充分にできないことがあります。このようにシャンプーには様々なタイプがありますが、最近注目されているのが次に紹介する、ノンシリコンシャンプーです。